TOP > 特集記事一覧 > 3年で起業できる力が付く旅行会社【ホワイトベアーファミリー 大南専務インタビュー】

3年で起業できる力が付く旅行会社【ホワイトベアーファミリー 大南専務インタビュー】

WBFは3年で起業できる力がつく旅行会社

no-img2
レジャリス

WBFの専務取締役 大南さん!先ずはWBFの事業について教えてください。

no-img2
大南さん

ホワイトベアーファミリーの特徴は、”観光業”と言う大きなくくりで、いろんな事業にチャレンジしていることです。旅行業としては、先ずは国内旅行。国内旅行は主に沖縄と北海道をメインとした、飛行機で行く個人旅行がメインの旅行商品になります。

no-img2
レジャリス

沖縄と北海道の旅行は、本当にお安いですよね!

no-img2
大南さん

はい。そして海外は、今まさにエリアを広げている最中なのですが、強みがあるのは東南アジア。アジアは、シティからビーチリゾートまで幅広く強みがあります。

またグアムやハワイなど、日本の旅行客様が比較的好んで行く方面は、もちろん独自の強みがあります。

no-img2
レジャリス

基本的にWEBで販売しているイメージですが、ユーザー層はどうですか?

no-img2
大南さん

国内も海外も主に個人旅行をメインとしていまして、年齢層は20~30代の女性が多いですね。今後はより幅広い年代の方にご満足いただけるようなブランドにしていきたいなと思っております。

主に海外旅行事業と、団体法人事業を統括する大南専務。

ホワイトベアーファミリーが大切にする考え方と強み

no-img2
レジャリス

旅行を提供するにあたってのこだわりや、独自の強みを教えてください!

no-img2
大南さん

旅行の予約がどんどんWEBで完結する時代になっていますが、ホワイトベアーファミリーでは”ハッピーメモリー”というコンセプトを大切にしています。一つ一つの旅行を、しっかりと思い出に残る旅行にする。それが私たちの仕事だと思っています。

基本的には1to1でお客様のご対応をしておりますし、インターネットからの予約や問合せが多いですが、できるだけ出発されるまでお客様のケアをさせていただく事にはこだわりを持っています。

no-img2
レジャリス

個人の旅行客様へ、WEBでのサービス提供で、気を付けている事はありますか?

no-img2
大南さん

強みのエリアがいくつもありますので、大手の旅行会社にはできないサービスだったり強みというのは、各エリアごとに磨きをかけています。

時にはお客様にご満足いただけないケースもありますが、その場合は必ず「改善委員会」を設けて、今後どのような改善を図って、満足に繋げるかをディスカッションしています。

no-img2
レジャリス

また、WEB上にはいろんな旅行プレイヤーが乱立していますが、大事にしている戦略はありますか?

no-img2
大南さん

ホワイトベアファミリーは基本的にWEBで旅行を提供していますが、その中でもいかにして「自社サイトをお客様に使っていただくか」に注力しています。

旅行系の比較サイトやメタサーチなどに頼らなくても、自社のサイトを通して、インターネット上で販売するための努力を10年以上頑張ってきました。

no-img2
レジャリス

10年間、自力のWEBマーケティングで売上を伸ばしているのは凄いですね!

no-img2
大南さん

そのために必要なのは、”お客様が何を求めているのか”を正しく把握することです。WEBを中心に展開するからこそ、大事なポイントだと思っています。

お客様が旅行に行く際に、どんなことを調べているのか、どんなキーワードで調べているのか、そう言った観点に沿って、旅行の商品だったり素材の仕入れも行っております。

no-img2
レジャリス

旅行会社では、“WEBか対人か”と言うorの概念が一般的ですが、andでやっていると言う印象です。

no-img2
大南さん

そうですね。WEBを中心に販売しているとは言え、やはりお客様に満足していただくことが一番のテーマなんです。

また近年は企業様の社員旅行なんかも増えておりますので、個人旅行で培ったノウハウを専属の営業マンが上手く提案して、1to1で社員旅行のご提案から出発までをサポートしています。Webとリアルの両輪で対応できるような組織作りをしている感じですね。

ホワイトベアーファミリーの働く環境と制度

no-img2
レジャリス

WBFさんの働き方や働く環境について、教えてください!

no-img2
大南さん

今、社員の平均年齢が約35歳くらいです。10年前は30歳未満だったのですが、この10年でかなり離職率も下がりました

特に女性の社員に関しては、産休や育休の環境を整えるなど、結婚や出産を経験しても職場に戻ってこれるような環境を整えました。もちろんそれまでも会社として制度はあったのですが、その制度をちゃんと活用してもらえる様な環境や仕組みを整えた結果だと思います。

社内には、ニコやかに働く女性社員が溢れている。

no-img2
レジャリス

女性社員が多いのと女性のお客様が多いのは、何か関係があったりするんですか?

no-img2
大南さん

先ほども言いました通り、ホワイトベアーファミリーのお客様は、20代や30代の女性のお客様が多いです。そこで、特に商品を作る社員やプランプランニングする社員は、同じような年代のスタッフに任せたいという思いを強く持っています。

逆に言うと、年齢や経験に関係なくお客様に一番近い立場の人材が旅行商品を作って提供していくような環境を大事にしていると言うことです。年齢や経験にとらわれず、やる気と思いのある人材に、どんどんチャレンジしてもらいたいなと思っています。

no-img2
レジャリス

顧客志向の社員には、どんどんチャレンジさせると言う事ですね!

no-img2
大南さん

入社したばかりの新卒社員にはよく話すのですが、3年で起業するつもりで働いてくださいと伝えています。別に焦らせるつもりなどはなくて、ホワイトベアーファミリーでは、社員一人一人の成長のために、いろんなことをチャレンジさせようという風土があります。

no-img2
レジャリス

つまり、望めば3年で起業できるだけの経験をさせる事ができると言う事ですか?

no-img2
大南さん

そうです。したがって、同じ仕事や業務をずっと任せることはありません。

旅行会社にとっての仕事って本当に幅広くて、例えば仕入れから旅行の商品企画、販売やお客様対応、時にはお客様と一緒に旅行に行ったりなど、いろんなシーンでスキルが求められるじゃないですか。

no-img2
レジャリス

これほど業務の幅が広い業種はないですよね。

no-img2
大南さん

だからこそ、いろんなジャンルの仕事を、3年間で出来るだけ多くの経験をしてもらいたいという想いを持って人材育成にも取り組んでおります。

また入社から1年間は、どんなに旅行業での経験があろうとも必ず弊社のスタッフがチューターとしてホワイトベアーファミリーの文化やルールをきちんとお伝えし、理解してもらうようにもしています。

ホワイトベアーファミリーが必要とする人材像と給与について

no-img2
レジャリス

それは転職する側からするととてもありがたい制度ですね。今どんな人材を必要としていますか?

no-img2
大南さん

これも先ほどの話に繋がりますが、3年で起業するくらいの意思ある人材は大歓迎です。まあ実際に全員がそうなると困るので、そのくらい意欲のあると言う意味でもありますが(笑)

もちろん会社ですから、会社の指示や方針に対して理解して動いてもらうことも大事なんですが、やはり能動的に働いてくれて、世の中や会社に対して気付きや疑問を持ち、それを発言行動に移してくれる様な人材を必要と感じています。

no-img2
レジャリス

社員の給与や評価などは、どうやって決めていますか?

no-img2
大南さん

評価に関しては、半年に一度、一定の基準に基づいて評価を行います。

その評価に応じた給与改定や賞与配分をしています。

no-img2
レジャリス

社員の評価に関して、どんな点を見ていますか?

no-img2
大南さん

実は現状、成績の優秀な人材とそこまで頑張れていない人材との給与額面の差が、そこまで大きくありません。しかし今後はできるだけ優秀な人材に長く働いてほしいと言う思いはとても強く持ってますので、成果を出してくれる人材に対しては、もっと給与で還元できる様な制度にしたいと思っています。

大南専務が思う、これからの旅行会社に必要なコト

no-img2
レジャリス

頑張ったらきちんと評価されるわけですね。
これからの旅行会社はどうなっていくとお考えですか?

no-img2
大南さん

これはとても難しい話ですが、システム化は止められないと思っております。全てはお客様のためにどうあるべきか、ですから、お客様の変化に合わせて我々もどう変化していくかを考えないといけませんよね。

no-img2
レジャリス

ズバリ、どんな変化が必要でしょう?

no-img2
大南さん

何時でもお客様の旅行や予約をサポートしようとすると、今の段階ではシステムだけでは限界があると思っています。しかし、できるだけ人を介さないような旅行販売は、これから主力になってくると思いますし、ホワイトベアーファミリーでもそう言う仕組みを構築していかなくてはいけないと思っています。

no-img2
レジャリス

単純な旅行の予約は、できるだけ自動化させると言う事ですね。

no-img2
大南さん

ただ逆に、飛行機やホテルの予約だけじゃない旅行も日本にはたくさんあるんですよね。

先ほども話した、団体旅行や社員旅行、例えばプレゼント旅行だったり記念日旅行だったり、一生に一度の旅行ってたくさんあると思うんです。

no-img2
レジャリス

どちらかと言うと、手配よりも企画が大事な旅行ですよね。

no-img2
大南さん

そうです。そこでサプライズのサービスだったり、プレゼント企画だったり、いろんなものを用意しないといけません。正直、ホワイトベアーファミリーの仕事はそうでないといけないと思っていますし、これからより大事にしていこうと思っています。

そう言う、お客様の特別なニーズに、旅行で応えられるような会社や人材に成長したいですね。

他にもこちらのインタビュー記事が読まれています。